論文誌

『教育メディア研究』特集号「これからの教育メディア」(Vol.25, No.1)
募集のお知らせ

締切 2018年5月7日(月)

 初等中等教育では学習指導要領の改訂により、子供たちが未来社会を切り拓くための資質・能力の育成、社会に開かれた教育課程の重視、「主体的・対話的で深い学び」の充実、情報活用能力の育成、プログラミング教育など、高等教育においてもFDやアクティブ・ラーニングの推進など、教育界では多様な課題が示されています。教育メディアはこれら今後の教育課題にどのように関わり、貢献することができるのでしょうか。本特集号ではこれからの教育メディア研究に資する論文を募集します。理論研究や実践研究、調査研究など幅広い投稿を期待しています。

 また、同時に一般論文も広く募集いたします。一般論文は随時受け付けています。
 多くの会員からの投稿を期待しています。

『教育メディア研究』特集号 「変わりゆく教育状況とメディア・リテラシー」(Vol.24, No.1)
募集のお知らせ

〆切:2017年4月30日(日)→ 5月14日(日) 延長しました。
※例年より締切が早くなっています。ご注意ください。

 社会の情報化は著しく進展・変化しています。これに対し、かなりの遅れをとりながらも教育現場のメディア環境は整備されつつあります。また学習指導要領改訂にむけて学力観や学習の在り方などについて議論が重ねられています。こうした状況において、メディア・リテラシーに関する研究の重要性は増しているといえます。そこで本特集号では、変わりゆく教育状況に対応したメディア・リテラシーに関する理論や教育実践、調査研究など様々な視点からの研究論文を募集します。

また、同時に一般論文も広く募集いたします。一般論文は随時受け付けています。
多くの会員からの投稿を期待しています。

特集号「タブレット端末環境と実践・評価・運用」(予定)(Vol.23, No.2)募集のお知らせ

〆切:2016年7月30日(土)8月6日(土)締め切り延長しました

本巻の教育メディア研究では「タブレット端末環境と実践・評価・運用」というテーマで特集を組みます。
「フューチャースクール推進事業」「学びのイノベーション事業」以降、各自治体や学校でタブレット端末環境の導入が進んでいます。効果的なタブレット端末導入・普及・運用の在り方、タブレット端末用教材 の開発・評価、学習デザインや指導方略及びその効果、指導者の養成・研修、国内外の実態調査や展望など、教育におけるタブレット端末環境に関して多様な側面からの研究論文を広く募集します。
投稿および執筆の手順は、左のメニューより「テンプレート・投稿方法」を押して確認してください。また投稿に際しまして、下の「教育メディア研究の論文投稿の留意点」を参考にしていただき、投稿規程著作権の扱いについても合わせて確認してください。

『教育メディア研究』一般論文募集のお知らせ

〆切:随時

『教育メディア研究』では、上記の特集号論文の他に、一般論文も広く募集しています。〆切は特にありません。随時受け付け、その都度、査読プロセスを始めています。多くの会員の方からの投稿を期待しています。

『教育メディア研究』の論文投稿の留意点

論文の種類(研究論文・研究ノート・実践研究)、書くときのポイント、審査の基準などについての解説です。執筆・投稿の参考にしてください。
JAEMSWS160330-1