年次大会

2021年度日本教育メディア学会第28回年次大会にあたってのご挨拶

年次大会実行委員長 森田裕介(早稲田大学)

 2020年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大によって、教育に携わる多くの方が教育メディアの有用性を再認識したと伺っております。教育メディアに関する研究知見の集積と発信は、これからもますます重要になることでしょう。
 そのような状況下、第28回日本教育メディア学会年次大会を、2021年12 月18日(土)と19日(日)に開催する運びとなりました。会場となる早稲田大学は、2000年代の比較的早い時期から教育メディアを授業で活用してきた経緯を有しております。2019年度までに全学で1600科目がオンライン化されていたことも幸いし、2020年4月にはCTLT(Center for Teaching, Learning, and Technoloty)が拠点開設され、授業実践に関する知見を教員間で共有しながらコロナ禍を乗り越えてきました。本大会においても、有益な研究知見の共有や議論を通してよりよい学びの創造が拡がっていく、そんなコミュニティ構築の機会を提供いたしたく、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。
 なお、開催の形態につきましては、現地開催(一部オンライン)と全面オンライン開催の両方の実施可能性を考慮しながら準備を進めております。大会実行委員会としましては、開催の形態に関わらず、会員の皆様にとって安全で有意義な大会となるよう、万全の準備を進めて参る所存です。また、開催内容につきましても、今後の情勢が読めないため詳細は追ってご連絡させていただくこととなっております。今しばらくのご猶予をいただけますよう、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

1.日時と場所

 2021年 12 月 18 日(土),19 日(日)
 会場:早稲田大学(早稲田キャンパス)〒169-0071 東京都新宿区戸塚町1丁目104
 アクセス JR 山手線 高田馬場駅から徒歩20分
 西武鉄道 西武新宿線 高田馬場駅から徒歩20分
 東京メトロ 東西線 早稲田駅から徒歩5分

2.大会プログラム

(1)コロナ禍への対応について
 新型コロナウィルスの感染拡大の状況により,対面機会ありの一部遠隔・全面遠隔のいずれかで開催します。判断は8月中に行います。対面開催の場合であっても,座席の間隔をあける、飲食をしない等、開催校の感染防止策に即した実施形態とします.

(2)大会日程について

  • 1日目12/18(土):オンライン開催
  •   午前:理事会
      13:00〜13:50 総会
      14:00〜14:50 大会企画1 
                  オープニングセッション
                  「あたらしい学校と教育メディア」(登壇者調整中)
      15:00〜17:00 大会企画2 
                  シンポジウム
                  「教育改革と教育メディア研究」(登壇者調整中)
      18:00〜      懇親会(対面で実施可能であれば構内で開催)

  • 2日目12/19(日):対面あるいは/オンライン
  •   9:30〜11:30 一般研究発表(1)
      11:30〜12:30 昼食
      12:30〜14:30 課題研究
      14:40〜16:40 一般研究発表(2)

    3.課題研究プログラム

     以下の3件のテーマについて報告を募集します。

  • 課題研究テーマ1:1人1台学習者用情報端末とメディア・リテラシー
  •  学習者用情報端末、高速インターネット、学習支援システムなどが教育現場に整備されることで、学習者が「意図をもって構成されたメディア」に主体的にアクセスして学ぶ機会は増えると考えられます。また、得られた情報や自分の考えについてメディアを通じて表現・発信して学ぶ機会も増加するでしょう。さらに、家庭に端末を持ち帰り利用することを機に、家庭でのメディア・リテラシー育成のあり方も検討していく必要がありそうです。こうした状況において求められるメディア・リテラシーに関する教育と研究のあり方について議論します。

  • 課題研究テーマ2:教育メディア研究からみたプロジェクト学習
  •  近年、様々な段階や場面において学習者が主体的に探究課題に取り組む実践が展開されており、それらの中には、既存の研究領域にとらわれない挑戦的な実践が見られます。このような様々な形態の探究的な学習を「プロジェクト学習」という観点から広く捉えることによって、体系的な知見の蓄積に発展すると考えられます。また、教育メディア学会には、ICTを含む様々なメディア活用による効果検証やその活用方法、さらには学習環境のデザインまで教育メディアを軸とした幅広い知見の蓄積があり、教育メディア研究の視点からプロジェクト学習の理論の発展や精緻化、今後の展開も含めた議論にも展開可能であると考えられます。以上から、プロジェクト学習の形態に近い様々な実践を募集し議論する場を設けます。

  • 課題研究テーマ3:GIGAスクール時代のデジタルコンテンツ
  •  学校への1人1台端末環境の整備により、様々な活用の工夫について、研修や事例の報告が行われています。学習者用デジタル教科書やNHK for School、その他デジタル教材など、端末活用を視野に入れた授業や家庭学習で使える様々なコンテンツが見受けられ、実践での選択肢も増えつつあります。このような中、これらコンテンツを用いた教育実践はもとより、デジタルコンテンツの開発・評価、デジタル教科書のあり方、カリキュラムの開発、オンライン授業に関する知見等に関して幅広く検討します。

    4.大会までのスケジュール・発表申し込み

      8月 1日 参加申し込み・課題研究プロポーザル受付開始
      8月31日 課題研究プロポーザル締切
     10月 1日 課題研究結果通知・一般研究発表申し込み開始
     10月31日 課題研究・一般研究原稿提出期限,事前参加費振込期限

    ○発表申し込みについて
    ・発表は会員であることが必須です。発表申込時点までに入会手続きを済ませてください。
    ・会員1名が発表できる件数は,課題研究1件・一般研究1件の計2件までです。英文での提出も受け付けます。英文の場合,発表も英語で行います。
    ・現地開催、オンライン開催に関わらず、口頭発表の実施をもって発表とします。zoomを使用できる環境をご用意ください(zoomのアカウントは学会側で提供します)。

    5.参加費について

    参加申し込みは,学会員・非学会員とも学会年次大会 Web サイトよりお申し込みください(8月案内開始予定)。オンライン開催の場合,振り込みを確認した後,zoomのミーティングIDとパスワードを通知しますので,事前振り込みにご協力ください。

    ・参加費は,昨年通り,以下の通りとします。
     会員 3000 円(事前),4000 円(当日)
     学生会員 1000 円(事前),2000 円(当日)
     非会員 4000 円(事前),5000 円(当日)
     ※ただし,非会員の現職教員は無料
     学生非会員 2000 円(事前),3000 円(当日)

    6. 共催・実行委員会

     第28回年次大会は早稲田大学大学総合研究センターとの共催となります。以下の年次大会実行委員会および年次大会委員会が企画・運営を担当します。

     年次大会実行委員長 森田裕介 (早稲田大学)
     委員    今野貴之  (明星大学)
     委員    向後千春  (早稲田大学)
     委員    阿部真由美 (早稲田大学)
     委員    渡邉文枝  (早稲田大学)

     年次大会委員長  稲垣忠(東北学院大学)
     年次大会副委員長 堀田龍也(東北大学)
     年次大会副委員長 森田裕介 ※年次大会実行委員長兼任

    7.その他・お問い合わせ

     前回大会に引き続き本大会において,発表予稿集は刊行せず,会員の皆様に PDF ファイルの形での配布となります。事前にメールにてダウンロード先の URL をお送りします。対面開催の際は、ご自身の端末等を持参するか,事前に学会の Web からプログラムを印刷してきてください。
    年次大会に関するお問い合わせは,下記までお願いいたします。

    第 28 回年次大会実行委員会事務局
    メールアドレス jaems.taikai2021★gmail.com (★を@に置き換えてください)