投稿規程

「教育メディア研究」投稿規程

1. 投稿者(著者もしくは複数の著者のうち1名)は,学会の正会員でなければならない.

2. 投稿原稿は,和文あるいは英文による研究論文(Original Paper),研究ノート(Research Note),実践研究(Practical Research),その他とする.なお,その他(「展望」「総説」「書評」「大会報告」など)については,原則として編集委員会の依頼によるものとする.各論文の内容については以下のとおりである.

(1) 研究論文(Original Paper)
 教育メディア研究に関係のある独創的な研究結果であり,信頼性の高い研究と認められ,教育メディア研究の発展に役立つ内容を論理的に記述した論文であること.10 ページ程度.

(2) 研究ノート(Research Note)
 教育メディア研究に関する研究資料,文献研究,調査報告,教材開発など,会員に参考になる有効な結果が得られている論文であること.6 から 10 ページ程度.

(3) 実践研究(Practical Research)
 教育実践に貢献できる問題提起と意義があり,理論的な独創性が十分でなくとも,研究手法や道具の開発,教育実践の改善や学習環境づくりなどについて新たな視点を提供してくれる論文であること.10 ページ程度.

3. 投稿原稿は未発表のものに限る.ただし,学会の年次大会や研究会などでの発表,プリントの場合は,未発表の扱いとする.

4. 投稿者は,投稿原稿が第三者の著作権その他の権利を侵害していないことを保証するものとする.本学会に投稿された論文等が,第三者の権利等の侵害に起因する問題を生じさせた場合,当該論文等の著作者が一切の責任を負うものとする.

5. 投稿方法
投稿する際は,投稿票と論文の原稿をそれぞれ学会ホームページから提出する.投稿票は学会ホームページの投稿フォームから提出し,論文の原稿は日本教育メディア学会論文投稿システムを使って投稿することを原則とする.この方式に沿えない場合は,学会事務局に問い合わせる.
※論文投稿システムを利用する際には,ウェブ上のマニュアルに従って投稿すること

6. 投稿論文の構成
論文はタイトル,要旨(400 字以内),キーワード(6 個以内),本文,注,引用参考文献,タイトル英訳,要旨英訳,キーワード英訳により構成する.
※著者名や所属,謝辞,付記など投稿者を確認できる情報は掲載しないこと.また,ファイルは PDFにして査読論文投稿フォームにて提出すること.

7. 版組・書式
(1) 版組
・用紙:B5・縦置き・横書き
・余白:上 24mm,下 22mm,左 20mm,右 24mm
・段組:横 20 字×縦 43 行×2 段組(ただし,タイトル,執筆者名,要旨,キーワード,英文部分は 1 段組)

(2) 行間
・タイトル(サブタイトル)前後:各 1 行
・執筆者名後:1 行
・要旨後:1 行
・キーワード後:1 行
・見出し前:1 行
・タイトル英訳(サブタイトル英訳)後:2 行
・欧字執筆者名後:3 行
・要旨英訳後:1 行
・図・表・写真の上下:各 1 行

(3) 見出しについては,以下のような扱いとする.
・1,2.,3.(最上位の見出し):見出しと本文の間に1行行間
・1.1,1.2.,1.3.(下位の小見出し)及びこれ以下のもの:下位の小見出しと本文の間は行間なし.

(4) 表記細則
・和文は明朝体(MS 明朝,ヒラギノ明朝 pro 等)またはゴシック体(MS ゴシック,ヒラギノ角ゴ pro 等),英文はCentury/Times/Times New Roman とし,下記の大きさに準拠する.
・ タイトル:明朝体(ボールド),12 ポイント,中央寄せ.なお,読点を入れないこと.
・ 執筆者名:明朝体,9 ポイント,右寄せ
・ 執筆者所属:明朝体,9 ポイント,右寄せ
・ 要旨:明朝体,8.5 ポイント,両端揃え
・ キーワード:明朝体,9 ポイント,両端揃え
・ 本文:明朝体,9 ポイント,両端揃え
・ 見出し・小見出し:ゴシック体(ボールド),9 ポイント,左寄せ
・ 図/写真タイトル:ゴシック体,9 ポイント,図/写真下部に左寄せ
・ 表タイトル:ゴシック体,9 ポイント,表上部に中央寄せ
・ タイトル英訳:Century/Times/Times New Roman,12 ポイント,中央寄せ
・ 欧字執筆者名:Century/Times/Times New Roman,9 ポイント,右寄せ
・ 要旨英訳:Century/Times/Times New Roman,9 ポイント,両端揃え
・ キーワード英訳:Century/Times/Times New Roman,9 ポイント,左寄せ
・数字・欧字は,すべて半角に統一する(ただし固有名詞・慣用句の数字は漢数字).
・句読点は,「,」「。」とする.
・表記は,引用文を除き,常用漢字・新送り仮名を原則とする.
・年代表記は,西暦とし元号を用いる場合は,西暦(元号)とする.
・人名は初出の場合は,氏名表記とし,再出では氏のみの表記とする.なお外国人の場合はカタカナ表記とし,パーレン括弧によって欧字表記もつける.例:ジョン・デューイ(John Dewey)
・差別用語を用いないように細心の注意を払うこと.

8. 注・引用・参考
注・引用・参考の方法および文献の表記方法については,邦文の場合は日本教育工学会(http://www.jset.gr.jp/thesis/index.html) の方法を参照し,英文の場合はAPA(American Psychological Association,http://www.apastyle.org/)に準拠する.

9. 採録後の別刷
採録の場合は,執筆者,執筆者が所属する機関等が別刷を 100 部以上購入すること.
別刷り代金
6 ページまで 10,000 円
7 ページ 12,000 円
8 ページ 14,000 円
9 ページ 16,000 円
10 ページ 18,000 円
11 ページ以上 20,000 円

10. 採録後の著作権
(1) 教育メディア研究に掲載された論文等(以下,論文という)の著作権は,本学会に帰属する.また,著作者は,本学会が作成する Web サイトおよび CD-ROM 等や,国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)がサービスする科学技術情報発信・流通総合システム(J-STAGE)に論文を掲載・提供することに許諾したものとする.
(2) 論文について,著者自身による教育目的での利用(著者自身による著作物への転載,Web サイトへの掲載,複写による配布等を含む)は,本学会に許諾申請をする必要はない.ただし,出典(論文題目,論文誌名,巻号ページ,出版年等)を記載すること.

附則
(1) 本規程は平成 6 年 4 月 1 日から実施する.
(2) 本規程は平成 11 年 1 月 9 日から実施する.
(3) 本規程は平成 14 年 7 月 13 日から実施する.
(4) 本規程は平成 22 年 6 月 21 日から実施する.
(5) 本規程は平成 26 年 5 月 17 日から実施する.
(6) 本規程は平成 29 年 10 月 14 日から実施し,第 24 巻 2 号から適用する.