研究会

2022年度 第1回研究会のご案内

テーマ「探究的な学びや主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)の実現におけるメディアの活用/一般」(オンライン開催)

学会員および研究会参加予定のみなさまへ

日頃より、日本教育メディア学会の活動にご参加いただき感謝申し上げます。
7月10日、東京学芸大学での開催を予定している日本教育メディア学会2022年度第1回研究会ですが、新型コロナウィルスの感染が再拡大している状況を鑑み、ハイブリッド形式による開催から全面オンラインへの開催へと変更することとしました。直前でのご案内となり、大変恐縮ですが、ご理解の程よろしくお願いします。

プログラムは変更しないで進めます。オンラインであっても皆さんにお会いし、議論を深められることを楽しみにしております。

日 時 2022年7月10日(日) 10:00~15:35

会 場 オンライン 東京学芸大学 中央2号館(南講義棟)
キャンパスマップ (「C2」の建物 )
https://www.u-gakugei.ac.jp/webimg/campusmap3.jpg

担 当 東京学芸大学 先端教育人材育成推進機構・登本洋子

高等学校では、2022年度から「総合的な学習の時間」が「総合的な探究の時間」に名称が変更になり、「古典探究」「地理探究」「日本史探究」「世界史探究」「理数探究基礎」「理数探究」といった科目が新設されるなど、探究的な学習がより重視されるようになります。初等中等教育において、探究的な学びや主体的・対話的で深い学びが期待されていることも言うまでもありません。

こうした学びを実現するには、メディアをどのように学びに取り入れ、活用するかがますます重要になってきます。児童生徒のメディアそのものに対する理解も欠かせません。

そこで今回の研究会では「探究的な学びや主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)の実現におけるメディアの活用」をテーマに発表を募集します。本テーマに関連した研究だけでなく、教育メディアに関する幅広い発表(一般)も歓迎いたします。

■開催方法
ZOOMによるオンライン開催。
※3日前までに接続先を記載した開催案内を全発表者と参加者にお知らせします。

■発表申込締切
2022年5月31日(火)(締め切りました)
■原稿提出締切
6月20日(月)(締め切りました)

■参加申込締切
2022年7月5日(火)
発表者と共同研究者は必ず参加申込を行ってください。発表者以外の方も参加申込も大歓迎です。日本教育メディア学会会員でなくとも発表・参加が可能です。

■参加費
無料

■参加・発表申込フォーム
https://forms.gle/cBb4HnA8K2HFnufr8

■プログラム

【午前の部(オンライン)】10:05-11:45
座長:
宇治橋祐之(NHK放送文化研究所)・大久保紀一朗(島根大学)
10:00-10:05 挨拶・説明
10:05-10:30 (1)語学学習への関心とメディア利用に関する一考察〜2021年度NHK「語学学習でのメディア利用に関する調査」から〜 宇治橋祐之(NHK放送文化研究所)
10:30-10:55 (2)1人1台端末の活用に及び協働学習に慣れた児童の学習過程の柔軟化の特徴 当麻由惟(東京学芸大学大学院教育学研究科),村上唯斗(東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科),登本洋子(東京学芸大学大学院教育学研究科),久川慶貴(春日井市立藤山台小学校),水谷年孝(春日井市立高森台中学校),高橋純(東京学芸大学教育学部)
10:55-11:20 (3)児童が情報端末を活用する授業における授業設計時の教師の作業とその手順に関する実態把握 八木澤史子(千葉大学教育学部),安里基子(与那原町立与那原小学校),遠藤みなみ(富士市立吉原小学校),大久保紀一朗(島根大学教育学部),堀田龍也(東北大学大学院情報科学研究科)
11:20-11:45 (4)360度画像と3D画像の特性を踏まえた活用方法の検討-小学校第6学年理科「土地のつくりと変化」での実践を通して- 大久保紀一朗(島根大学),柴田隆史(東海大学),堀田龍也(東北大学)

(休憩)

【午後の部1(オンライン)】12:45-14:00
  座長:佐藤和紀(信州大学)・後藤壮史(関西大学大学院総合情報学研究科/王寺町立王寺北義務教育学校)

12:45-13:10 (5)情報化優良校を対象とした情報活用能力の認知および指導状況に関する調査 稲垣忠(東北学院大学),中川一史(放送大学),佐藤幸江(熊本大学大学院),前田康裕(熊本大学大学院),小林祐紀(茨城大学),中沢研也(日本教育情報化振興会),渡辺浩美(日本教育情報化振興会)

13:10-13:35 (6)情報活用能力の目標や内容及び「学習の基盤となる資質・能力」等との関係に関する検討 高橋純(東京学芸大学教育学部)
13:35-14:00 (7)高等学校情報科の「問題解決」におけるブレーンストーミングの実践研究 高橋敦志(東京学芸大学),和田正人(東京学芸大学)

(休憩)

【午後の部2(オンライン)】午後の部214:15-15:35
挨拶・説明
ルーム1
座長:
佐藤和紀(信州大学)・後藤壮史(関西大学大学院総合情報学研究科/王寺町立王寺北義務教育学校)
14:20-14:45  (8)BYODを活用したProblem Based Learningの設計. 田中洋一(仁愛女子短期大学),前田博子(仁愛女子短期大学)
14:45-15:10 (9)一人一台端末の持ち帰りを通じた思考力,判断力,表現力等の育成に関する児童の振り返りの内容分析. 斉田俊平(大阪市立今里小学校),寺嶋浩介(大阪教育大学)
15:10-15:35 (10)情報活用能力の育成を目指した授業研究における教員らの討議内容の分析 後藤壮史(関西大学大学院総合情報学研究科/王寺町立王寺北義務教育学校),小柳和喜雄(関西大学総合情報学部)

ルーム2
座長:
大井田かおり(長崎国際大学人間社会学部国際観光学科)・和田正人(東京学芸大学教育学部)
14:20-14:45 . (11)HMDを使用したバーチャル旅双六教材の開発:地歴教育への応用. 大井田かおり(長崎国際大学人間社会学部国際観光学科),尾久土正己(和歌山大学観光学部)
14:45-15:10  (12)デジタルストーリーテリングによる自尊感情の効果 和田正人(東京学芸大学教育学部)
15:10-15:35  (13)「情報活用能力」の意味を考え続けるための環境とは〜複数の実践を同時に解釈する帰納的アプローチの試み〜. 山口好和(北海道教育大学函館校),野藤均(七飯町立大中山小学校),鎌田尚吾(北海道教育大学附属函館小学校),嶋田陽介(北海道教育大学附属函館小学校),松倉翔太(函館市立本通小学校)

■その他
詳細は,以下をご確認いただきますようお願いいたします。
https://jaems.jp/meeting/guideline.html