日本教育メディア学会論文賞

日本教育メディア学会論文賞

日本教育メディア学会論文賞は,論文誌『教育メディア研究』に掲載された論文の中から,優秀な論文の執筆者に授与される学会の賞です.

◆2019年度
髙橋直治(2018)「動く掛図論争」以前の映画教育を再考する,教育メディア研究,25(1):37-60

◆2018年度
三宅貴久子, 岸磨貴子, 久保田賢一,
李克東(2017)シンキングツール導入4年後にみられた中国の授業実践の評価,教育メディア研究,24(1):43-56

◆2017年度
瀬戸崎典夫,
佐藤和紀(2017)平和教育実践における全天球パノラマVR教材の効果的な活用に関する検討,教育メディア研究,23(2):15-24