最新のお知らせ

リンク

今後のイベント

2017年4月30日(日)→ 5月14日(日) 延長しました。
 論文誌投稿締め切り 特集号「変わりゆく教育状況とメディア・リテラシー」(Vol.24, No.1)

2017年8月2日(水)-4日(金)
 ICoME2017 (ハワイ大学マノア校)
April 1 →May 30th: Early Abstract Submission (up to 200 words in English)
4月1日(土) →5月30日に延長:発表概要の提出(英語200語以内)
※ただし、米国への入国VISAが必要な人は、【5月15日】を締め切りとし、 受諾の可否連絡とVISA申請に必要な書類を準備をはじめます。
※To those who need VISA to enter the USA, please submit your abstract
by 【May 15th】 to prepare a support letter for your VISA
– June 8th: Proposal Acceptance Notification 6月8日(木):発表概要の先行受諾
– June 30th: Full Paper Submission 6月30日(金):最終原稿の提出

2017年10月14日(土)-15日(日)
 第24回 日本教育メディア学会 年次大会(茨城大学)
 

2017/03/08 学会通信81号 発刊

 

2017/01/27「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」について
(NHK番組アーカイブス学術利用トライアル事務局より)

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2017年度第2回募集 (3月24日締切)

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの
参加研究者を募集しています。
公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館、大阪ではNHK大阪放送局の
専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

○第2回閲覧期間   2017年6月~8月 (1組 20日間まで利用可)
○募集対象者   大学または公的研究所に所属する研究者、大学院生
○募集期間    2017年1月~3月 (24日締切)
○募集研究数   放送博物館 6件、大阪放送局 3件

応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。

http://www.nhk.or.jp/archives/academic//
 

2017/01/10 学会通信80号 発刊

 

2017/01/10 ICoME2017スケジュール公開

 

2016/12/30 昭和女子大学2016年度 現代教育研究所 フォーラム開催のお知らせ(2/11開催)

現代教育研究所では、2016年度フォーラムを以下の内容で開催予定です。「教育の情報化」に特化した内容となっております。
ご案内PDF:http://swuhp.swu.ac.jp/ime/2016forum.pdf

【テーマ】待ったなし! ICT活用による授業改革〜未来を拓く“学びの場”を創る」
【日時】2017年2月11日(土・祝)10:30〜16:30 詳細はこちら
【場所】昭和女子大学 コスモスホール(80年館西棟6階)
【ゲスト】
   堀田龍也氏(東北大学大学院 情報科学研究科 教授)
   新津勝二氏(文部科学省 生涯学習政策局 情報教育課 情報教育振興室長)
   ICTを授業で実践をされている小学校・中学校の先生方
  ※2月12日(日)内田洋行本社ショールームにてFUTURE CLASS ROOM体験&見学会開催予定
  (見学希望者はフォーラム申込時に同時申込)
【申込み】http://iome.jp/
【申込み締切】1月15日

2016/11/20 日本教育メディア学会総会(11/26開催)(議題および資料

2016年11月26日(土)の第23回年次大会(奈良教育大学)において日本教育メディア学会総会を開催します。会員の方は総会議題および資料をご確認ください。
また、当日総会を欠席される会員はメールにて事務局(宛先:office★jaems.jp)まで委任状をご送付ください。左の★は@に置き換えてください。件名を「総会委任状」とし、本文に「所属」「氏名」「受任者(議長、または出席する正会員)」を必ず明記ください。
 

2016/11/08 「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」について
(NHK番組アーカイブス学術利用トライアル事務局より)

★「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2017年度第1回募集 (12月22日締切)
NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの
参加研究者を募集しています。
公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館、大阪ではNHK大阪放送局の
専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

○第1回閲覧期間 2017年3月~5月 (1組 20日間まで利用可)
○募集対象者   大学または公的研究所に所属する研究者、大学院生
○募集期間    2016年10月~12月 (22日締切)
○募集研究数   放送博物館 6件、大阪放送局 3件

応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。

http://www.nhk.or.jp/archives/academic/
 

2016/11/08 学会通信79号 発刊

 

2016/10/28 国際交流日米センター/安倍フェローシップ25周年記念シンポジウム開催のお知らせ

国際交流基金日米センター(CGP)および米国社会科学研究評議会(SSRC)は日米センター/安倍フェローシップ設立25周年記念シンポジウムを開催することになりました。
参加をご希望の方は、以下をご参照の上お申し込みください。

国際交流日米センター/安倍フェローシップ25周年記念シンポジウム
「激動する世界と我々の未来」

http://www.jpf.go.jp/cgp/fellow/abe/news/symposium161115.html

日時:2016年11月15日(火曜日)13:00~18:00(12:00開場)
会場:虎ノ門ヒルズフォーラム メインホール
お申し込みページ:https://comm.stage.ac/fellow25th/

 

2016/07/28 学会通信78号 発刊

 

2016/06/24 2016年安倍フェローシップの奨学研究者募集のお知らせ

国際交流基金日米センター(CGP)と米国社会科学研究評議会(SSRC)が共催する安倍フェローシップ・プログラムは、例年どおり社会科学および関連分野の個人研究プロジェクトを公募いたしております。
プログラム内容およびオンライン申請についての疑問点にお答えする安倍フェローシップ申請説明会を福岡(7月4日)、京都(7月8日)、東京(7月11日)で開催をします。
以下のページに各説明会の案内がございます。応募をお考えの方は是非ご参加ください。
http://www.jpf.go.jp/cgp/fellow/abe/news/160711.html

なお、安倍フェローシップ・プログラムの詳細につきましては、
http://www.abefellowship.info/
をご参照下さい。
 

2016/06/20日本教育メディア学会年次大会 課題研究プロポーザル受付開始

日本教育メディア学会課題研究のプロポーザルを受付を開始しました。
プロポーザル(要旨)の締切:2016年6月20日(月)~7月18日(月)
発表予稿集(本文)原稿提出締切:2016年9月26日(月)
詳しくはこちらhttp://jaems.jp/conference/

 

2016/05/13 学会通信77号 発刊

 

2016/04/11 平成28年度全国自作視聴覚教材コンクール 作品募集
(一財)日本視聴覚教育協会

全国自作視聴覚教材コンクールでは、タブレット端末や電子黒板やプロジェクターなど、ICT・視聴覚機器による映像教材・デジタルコンテンツや紙しばいなど、授業や学習に活用されている自作視聴覚教材を広く募集しています。
最優秀賞には、文部科学大臣賞がおくられます。

締切
平成28年6月10日(金)

詳細はこちら
http://www.javea.or.jp/jisaku/

 

2016/04/11 「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」について(NHK番組アーカイブス学術利用トライアル事務局より)

★「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」 2016年度第3回募集 (6月27日締切)
NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの参加研究者を募集しています。公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館、大阪ではNHK大阪放送局の専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

○第3回閲覧期間   2016年9月~11月 (1組 20日間まで利用可)
○募集対象者   大学または公的研究所に所属する研究者、大学院生
○募集期間    2016年4月~6月 (27日締切)
○募集研究数   放送博物館 6件、大阪放送局 3件
応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/archives/academic/
※次回第4回 トライアル公募(閲覧12月~2017年2月) の募集は、7月~9月の予定です。