教師のセルフスタディ

<趣旨>
第9期企画委員会では、教育実践の充実度を学会から発信すること、学校教員による実践研究の第一歩として、学会誌「教育メディア研究」とは別に教育実践による論文報告集「教師のセルフスタディ」をオンラインで発行することを計画しています。
・本報告集は査読なしの教育実践研究となっており、下記の条件を満たした方であればどなたも投稿できます。
・収録は、初等・中等教育機関に所属する教職員を優先しますが、高等教育機関に所属する方の投稿も歓迎します。
・「査読なし」ではありますが、企画委員会で閲読し、公開に向けた修正点をアドバイスします。
・公開時には、各論文の良さ・特徴について、企画委員会からひとことコメントを付けて発行します。

<投稿の条件>
①自らが計画・実践した教育実践を記したものである
②2019年11月2日/3日に開催した年次大会で発表をしたもの(課題研究・一般研究を問わない)

<投稿の方法>
投稿する方は、はじめに投稿規定に従い、執筆をしてください。
・投稿用の論文は、テンプレートを使用し作成してください。Word用のテンプレート印刷例PDF
・作成したファイルをメールにて「9th_event*jaems.jp」宛に送信してください。宛先入力時に*を@に変更してください。12月20日必着です!
・論文を企画委員会に届きましたら、受理通知を返信します。

<第1集の公開スケジュール>
2019年12月20日 投稿締切
・2020年1月20日ごろ 閲読結果の返送
・2020年2月15日 著者による最終投稿
・2020年3月15日 編集完了および公開